top of page

電子帳簿保存法に対応しましたか?


令和6年(2024年)の1月から電子取引データの紙保存がNGとなり電子保存が義務化

されます。

対象は全ての法人、個人事業主が対象となり、データの保尊期間は7年となります。


主な改正内容は


・電子帳簿等保存

・スキャナ保存

・電子取引の電子保存


となります。


電子帳簿保存につきましては、各会計ソフトで対応が可能です。


スキャナ保存、電子取引の電子保存は、「真実性の確保」と「可視性の確保」が求められます。


このデータの保存先として、当社ではQNAPを推奨しています。


QNAPをデータの保存先とした場合のメリット


・QNAPはNASになりますので、RAIDを組んでいますので、耐障害性に強い

・7年の保存期間中にHDDの容量が足りなくなっても簡単に増設、リプレイスが可能

・QNAP同士、外付けHDDなどにバックアップが可能

・スナップショット機能でランサムウェア対策も万全

・会計ソフトのデータの保存先としての利用可能

・保存フォルダのアクセス権設定が容易

・「可視性の確保」に有効なQNAPの無料アプリ「Qsirch」の利用が可能

・スキャナーからQNAPへのデータ保存も可能


となります。

QNAPを導入すれば、電子帳簿保存法に対応でき、他のクラウドサービス等でかかる

月額固定費も必要ありませんので、トータルコストも抑える事が可能です。


当社ではQNAPの販売、構築経験が豊富で、QNAP専門販売サイトも運営しています。



導入前の相談から評価機材の貸し出しも可能ですのでお気軽にお問合せください。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page